foreland-popular.com

善玉菌(ビフィズス菌)のエサとは?

腸内環境のカギを握るのは善玉菌(ビフィズス菌)のバランス

人間の腸には300種類、約100兆個の腸内細菌がいるといわれています。腸内細菌は乳酸菌・ビフィズス菌に代表される善玉菌、 大腸菌、ウェルシュ菌などに代表される悪玉菌、そしてどっちつかずの日和見菌です。

ですが、誤解しないようにしたいのは「悪玉」とされる大腸菌やウェルシュ菌にも食べ物を腐敗させて分解するという重要な役割があります。

つまり、

善玉菌と悪玉菌のバランスが腸内環境のカギをにぎっているのです。

善玉菌と悪玉菌のバランスは、「バランスの悪い食生活、ストレス、病原菌の侵入、老化、抗生物質の服用」などによりくずれていってしまいます。そして、この悪玉菌が増えてくると日和見菌がそれを助長して下痢や便秘、腸炎を起したり老化を進行させてしまったりするのです。

便秘や下痢をせず腸内環境を整えるには

方法としては

このふたつがあげられます。

生きたままの善玉菌(乳酸菌)を腸に届けるサプリメント

善玉菌そのものを増やすには、ヨーグルトやマッコリ、糠漬けなどを食べることが効果的といわれていますが、残念ながら食べ物の中に含まれた乳酸菌(善玉菌)は臓器を通過する過程で 「胃酸」、「胆汁・膵液」 により50〜70%までが死んでしまいます。(なおキムチや糠漬けなどに含まれる植物性の乳酸菌のほうが比較的腸に届く確率が高いといわれています)

なので、善玉菌を増やすためには「熱水処理された乳酸菌」、つまりサプリメント状になっているものを摂取するほうがが効果的です。

どうしても「食品からの摂取」のほうがいいような気がしてしまいますが、熱水処理された乳酸菌はひとつの物質として臓器を通過しますので、臓器で消化されにくくそのままの状態で 腸まで届きます。また一度に大量の善玉菌を摂取することができますのでその点からも効果が期待できます。

↓↓こちらは一包に2億個の植物性乳酸菌が含まれています。粉末タイプ。

新谷弘実博士開発 新谷乳酸菌「ラクトパチルス」

今自分の腸にいる善玉菌にエサを届けて活性化させる

生きたまま乳酸菌を腸までとどけたとしても、その菌がすべて腸に定着するわけではありません。どうしても外から連れてきた善玉菌よりももともと腸内にいる善玉菌のほうがいい働きをするのです。

ところで、善玉菌が好むものは以下のものがあげられます。

オリゴ糖は母乳にも含まれている成分で ビフィズス菌など善玉菌にとっては大切な栄養源(エサ)です。オリゴ糖をタップリを与えることで善玉菌が活性化されて腸内の環境が整えられるとされています。

しかしここでも純度の高いオリゴ糖をそのまま腸へと届けてあげることが課題。よくあるオリゴ糖シロップはオリゴ糖が30%前後しか含まれていません。また食べ物から摂取しようとすると量を食べなくてはなりません。

やはり、サプリメント状に加工してあるものが効率的です。

↓↓こちらは一包に純度100%のオリゴ糖。水にさっととけてほんのり甘い粉末タイプです。

カイテキオリゴ

圧力鍋ってなかなかいいよ

繊維の多いものを赤ちゃん(のみならず自分も)に食べてもらおうと思ったときは月齢にもよりますがやはり柔らかくして食べやすくすることも必要です。

そんなとき私は圧力鍋をよく使いました。

圧力鍋は湯気がたくさんでるから、小さい子が手をかざしたりしないように注意する必要はあるけれど、最近は小さなサイズもたくさんでているし短い時間でそれはそれはやわらかくなるので重宝しています。

さといもやサツマイモなどのイモ類、キノコ類、ゴボウなどの根菜類、大きさにもよりますが10分程度でホクホク、歯茎でつぶせる固さになります。

それに・・・蒸した野菜ってびっくりするほどおいしいのです!ニンジンやブロッコリ、ゴボウやキノコ類、蒸しただけの野菜にドレッシング(私のお気に入りはゴマドレッシングです)をかけるとそれだけで彩り鮮やかな温サラダになります。おためしあれ。

ページのトップへ▲