foreland-popular.com

砂糖水、果汁、麦芽糖

便秘解消に糖分(砂糖水、果汁、麦芽糖)がいいといわれる理由

砂糖水・果汁・麦芽糖などに含まれる糖分は浸透圧の関係で便の中に入ると水分を吸収しウンチをやわらかくしてくれます。

そして糖分にはもうひとつの役割があります。腸内の善玉菌(ビフィズス菌)の大好物が砂糖や麦芽糖、果汁に含まれる糖分なのです。

日本のママに長く支持されてきたマルツエキスは麦芽糖

麦芽糖はサツマイモやトウモロコシなどのデンプンの中に含まれる糖分です。これをシロップ状にしたものがマルツエキスです。 以下のような特徴があります。

マルツエキスは販売元の和光堂の前身である「和光堂薬局」が明治39年に販売を開始した製品です。長く支持されているので安心して使えそうですね。 シロップ状でほのかな甘みがあります。麦茶や白湯に溶かし、やさしい甘さの飲み物として赤ちゃんに飲ませているママが多いみたいです。

マルツエキスをどうやって飲ませよう?

マルツエキスはシロップ状で少々クセがあります。水あめ状ですがやはり薬くさいというか独特の風味があります。これが大丈夫な赤ちゃんはいいのですが、ちょっとした味の違いが気になって飲んでくれない赤ちゃんもいます。

味や風味がなければ、お味噌汁やジュースなんかに混ぜても気が付かずに飲んでくれそうですけどね・・・

便秘解消のために赤ちゃんに飲ませる場合

砂糖水
生まれたばかりの赤ちゃんにミルクのかわりにあげる場合もある砂糖水。発達中の赤ちゃんにあげても安全な飲み物です。
腸内のビフィズス菌の大好物は糖分ですがそのためには消化されずに腸に届くことが大切。腸まで届けようと思ったら「純度の高い糖分」の砂糖水が有効です。
またむやみに与えて甘い味に慣れてしまうことや虫歯の心配があります。そのためにも甘みが少なく、虫歯菌に利用されない糖分を選んであげる必要があります。
糖水をえらぶなら、上白糖だけではなく甘みが少なく、虫歯になりにくくて腸まで届く純度の高いものも検討してみるといいでしょう。


>> 赤ちゃんでも飲みやすい高純度の天然オリゴ糖

 
果汁
離乳食が始まる前の赤ちゃんや離乳食初期の赤ちゃんでも果汁なら飲ませることができます。ミカンなど柑橘類の果汁は食物繊維も含んでおり、また比較的早いスピードで腸まで届くので早めの便秘解消が期待できます。
ただし、ジュースのように砂糖が加えられているような果汁ですと糖分の摂取過多が心配です。また果物をしぼってそのまま与えるのは赤ちゃんには強すぎるので3倍くらいに薄めてあげたほうがいいかもしれません。プルーンは便を軟らかくする成分が含まれており便秘解消にはもってこいのフルーツですがやはり効果が強すぎることがあります。
果汁を与えるときは3〜5倍程度にうすめ様子をみながらあげましょう。
麦芽糖
麦芽糖はサツマイモやトウモロコシなどのデンプンの中に含まれる糖分です。砂糖などと比べるとカロリーが少なく、ダイエット時の糖分補給に使われるほどです。また虫歯菌が利用しにくい構造をしていることでも有名です。マルツエキスの発酵成分と糖分がおだやかに腸で作用してウンチをやわらかくして便秘を解消してくれます。
便秘だと相談したときに薦められるもののひとつに「マルツエキス」がありますがマルツエキスの中身は「麦芽糖」です。
マルツエキスは販売元の和光堂の前身である「和光堂薬局」が明治39年に販売を開始した製品です。長く支持されているので安心して使えそうですね。
難点は味に少々クセがあること。ほのかな甘みがあるので麦茶や白湯に溶かしてやさしい甘さの飲み物として赤ちゃんに飲ませているママが多いみたいです。
※ちなみに・・・「お米をたくさんかむと甘くなる」といいますがこれは、お米に含まれるデンプンがアミラーゼ(唾液に含まれる消化酵素))によって麦芽糖に分解されるためだそうです。

 

虫歯になりにくく、赤ちゃんが飲みやすい糖類は?

赤ちゃんに飲ませるのですから、虫歯になりにくいもので独特の味がない糖類を飲ませてあげたいものです。

そんなときは オリゴ糖 も検討する価値があります。

オリゴ糖は

という特徴があります。さらに、高純度のオリゴ糖(オリゴ糖シロップではなく粉末の純度の高いもの)であれば

という特徴もあります。

つまり普段の食事に混ぜて飲ませられるということですね。

砂糖水の作り方

5%の砂糖水を与えます。白湯100ccに対して5グラム(小さじ1)です。月齢にもよりますが容器はちゃんと消毒して、つくりおきはしないほうが無難です(水ってわりとすぐに腐ります)。

なめてみると、「ちょっとだけ甘い?」と思うようなレベルです。

ほんのり甘いから赤ちゃんにとっても飲みやすいかもしれません。逆に飲ませすぎてしまうと今度はミルクや母乳を飲まなくなっちゃいますので母のカンで調節してあげましょう。



マルツエキスの「マルツ」は英語でいうと「MALT(モルツ)」つまり麦。

あーーあ、そうだったの、麦っていう意味だったのね・・・と単純に納得してしまいました。。モルツというとビールを連想しますがどちらも「麦」ですもんね(^^)

ヤクルト菌はラクトバシラス属 (Lactobacillus)に属する乳酸菌

子供のころからなじんできた「ヤクルト」にももちろん、乳酸菌が入っています。それがラクトバチルス・カゼイ・シロタ株です。ヤクルトにはこの成分が入っており、ヤクルトの商品の最後についている数字はこの株がどれだけ含まれるかが示されています。(ヤクルト400には400億株が含まれています)

参考:ヤクルト400のホームページ

ページのトップへ▲