foreland-popular.com

オリゴ糖とマルツエキス(麦芽糖)

オリゴ糖もマルツエキス(麦芽糖)も虫歯菌は好まない

虫歯菌(ミュータンス菌)は口の中ある糖を使って増殖していきます。でも虫歯菌は糖ならなんでも大好きというわけではではないのです。実はオリゴ糖や還元麦芽糖(商品名はマルツエキス)はミュータンス菌が利用できない糖類でこれを専門用語では「非齲(う)歯原性甘味糖質」というそうです。

ビフィズス菌はオリゴ糖や麦芽糖が大好き

腸内に住む善玉菌の代表格である乳酸菌のひとつ、ビフィズス菌。ビフィズス菌の大好物はオリゴ糖です。つまり、オリゴ糖や麦芽糖を摂取するということはビフィズス菌に栄養を与えることです。ビフィズス菌に栄養をあたえ活発に活動してもらうことで便秘になりにくい腸内の環境を整えます。

赤ちゃんに飲んでもらいやすいのはどっち?

お医者さんに便秘を相談するとよく「マルツエキス(麦芽糖)」が処方されます。これは薬局でもふつうに購入することができます。

このマルツエキスも虫歯菌は食べないけれど腸内の善玉菌、ビフィズス菌の大好物です。水あめ状になっており、ミルクや白湯にとかしてのませます。冷たい水には溶けにくいです。

オリゴ糖も同じような作用があります。どちらともなめてみるとほのかな甘みがあり赤ちゃんが嫌がるような味ではありません。

冷たい水にもさっととける粉末のオリゴ糖は溶かしてしまうと甘みをほとんど感じません。甘い味に慣れさせたくないときはスープなどに溶かしてもいいので好みで選んでみるといいでしょう。

↓腸内にいる善玉菌、ビフィズス菌の大好物!
赤ちゃんからOKの天然オリゴ糖

よくかんで食べると甘くなる、ということは・・・

よく「ごはんをよくかみなさい、そうすると甘くなるんです」といわれます。これは多糖類であるでんぷんを口の中の唾液に含まれる酵素が分解し、その結果麦芽糖にかわるからです。本当に甘くなるんですね。

砂糖水をあげると虫歯になったりしない?

うーん、私も心配ですが、 やはり砂糖の糖分は虫歯菌の大好物であることにはまちがいないようです。歯が生え始めたころは心配ですね。オリゴ糖やマルツエキスは「虫歯になりにくい甘味料」ということで虫歯になる危険性がゼロではないけれどかなり低くなるんだそうです。

ページのトップへ▲