foreland-popular.com

キャラメル浣腸

キャラメル浣腸の根拠と方法

キャラメルには糖分と水分が含まれています。これを直腸に直接入れると体温でキャラメルが溶けます。溶けた水は糖分濃度が高いので、腸内の粘膜に含まれる水が溶けたキャラメルのほうへ移ろうとします。この水分の移動が粘膜を刺激し排便をうながします。また、糖分には固くなった便を軟らかくする効果もあるそうです。 ハチミツなどでも有効といわれていますが、固めやすいのでキャラメルで行う方法が有名です。「妊娠中に便秘になっちゃったときお姑さんが”黒飴”をお尻にいれるといいよといわれてやったらうまくいった」との話もあるそうです。

気になる使用方法ですが、

  1. キャラメルを指であたためて練り、座薬の形にします
  2. これを冷蔵庫へ30分から1時間程度入れて固めます
  3. 固まったら座薬の肛門へ入れます

といった感じです。

赤ちゃんには使わない

しかし何のアレルギーを持っているかわからない赤ちゃんには使わないほうが無難です。ミルクキャラメルでキャラメル浣腸して、万一牛乳アレルギーだったりした場合は大変なことになってしまうからです。

ではどうする・・・?

便秘で気分が悪く、早く出したいときは浣腸が一番だと私は思います。私自身も便秘症ですがとりあえずコレさえだせれば・・・!という気持ちで浣腸のお世話になったこともしばしば。赤ちゃんや子供も同じだと思います。目の前の問題を解決してからこの先のことを考えましょう(^^)

目の前の便秘が解消されたら、今度は便秘にならない方法を考えていきます。そのためには、適度な運動と食生活の見直しはもちろん必要ですが、ビフィズス菌を活性化していいウンチを作る環境を整えてあげるのもひとつの方法です。

ビフィズス菌をどう活性化する?

ビフィズス菌を活性化すれば腸の調子がよくなる、というのはみなさんご存知のこと。そのためにヨーグルトや乳酸菌が含まれたものを食べていると思うのですが問題はちゃんと腸までとどくかどうか。途中で消化されてしまったりしては元も子もありません。

腸まで届くかどうかは「高純度であるかどうか」にかかっています。ビフィズス菌の大好物を、きちんと腸まで届けるには純度の高いものを選ぶ必要があるのです。

ビフィズス菌を活性化!腸まできちんとどといて飲みやすい♪
>> 赤ちゃんからOKの高純度オリゴ糖

 

ページのトップへ▲