foreland-popular.com

幼児期の便秘

あんよができるようになってからの便秘

あんよができるようになると断然世界が広がり、いろいろなものに興味を示すようになりますね。

この時期の便秘の対策は大人とほぼ同じです。(水分食物繊維、規則正しい生活とリラックス)

気の早いママの中はトイレトレーニングが気になるかもしれませんね。でもあわててトイレにつれていこうとせず、水分・繊維・運動でリラックスした生活をすることを優先したほうが結果的にスムーズなトイレトレーニングにつながると思います。

消化のいいものばかりを食べていませんか

十分かむ力は備わりつつあるのに、やわらかいものばかりを与えていないでしょうか。

えらそうに言う私も、最初は「消化のいいもの、消化のいいもの・・・」といつまでもおかゆややわらかめのゴハンを食べさせていたように思います。でも赤ちゃんはいつまでも赤ちゃんではありません。だんだんと「たくさんかまないと飲みこめないもの」も与えていくことは顎の発達・唾液の発達・ほどよいウンチのためにも必要です。具体的には少々固めのゴハン、繊維質の食べ物、豆類などです。

 

↓腸内にいる善玉菌、ビフィズス菌の大好物!
赤ちゃんからOKの天然オリゴ糖

腹筋を鍛えよう!

自分にも言い聞かせていることなのですけどね♪

便秘とは別の話なんですが、腹筋を鍛えるといいことがたくさんあります!
姿勢もよくなるし〜ウンチを出す力もつくし〜(^-^)

そうだ、子供と一緒にいい姿勢を保ってみよう!おまけにわたしも子供を足にのせてユラユラしてみよう!

この際一石二鳥をねらって腹筋強化。子供も私もがんばるぞ〜。

 

ページのトップへ▲