foreland-popular.com

マッサージや運動で腸の動きを刺激する方法

新生児からOKおへそのまわりの便秘解消「のの字マッサージ」と股関節くりくり運動

おへそのまわりを指で優しくマッサージしてあげます。

おへそを中心に「の」の字を書くように、ゆっくりさすってあげます。あんまりグリグリおすと痛がっちゃうかもしれないのであくまで優しくゆっくりさすってあげてください。

また、ねんねしてる赤ちゃんのヒザの部分に手をあててやさしくくるくるまわしてあげる「股関節くりくり運動」も効果的。歩くみたいに足をゆっくり動かしてあげるのもいいそうです。

エッセンシャルオイルの「生活の木」のサイトで、リラックスアロマを使ったマッサージ方法を紹介しています。これはママである私も香りにいやされてリラックスできそうですよ!

くわしくは生活の木「浅井貴子 Mid WifeあさいのEnjoy 子育て!」の「第24回 赤ちゃんの便秘」で。

運動と並行して行いたい腸内の環境改善

運動とあわせて考えたいのが腸内の環境改善。いいウンチを作り出すことができる腸内の環境を整えることを考えましょう。

マルツエキスやプルーンも効果的ですが、「ちゃんと腸に届く」ことを優先して健康食品を選ぶといいです。腸にとどかないと、ビフィズス菌のエサになりようがないですからね。

腸まできちんと届く、ビフィズス菌のエサになるもののひとつに「高純度オリゴ糖」があげられます。これは砂糖の1/4の甘さの粉末で、純度が高いので途中で消化されずに腸まで届きます。

腸内にいる善玉菌、ビフィズス菌の大好物!
純度の高い、赤ちゃんからOKの天然オリゴ糖

歩くの大好き

うちの子は歩き出すの遅かったんですけどね。(1歳3か月頃でした)

歩き出した、と思ったらためらいなくスタスタ歩き始めてそのあとはベビーカーにのるのも自転車の前かごにのるのも全部拒否。とにかく地面におろせと暴れるのでそれはそれは難儀をしました。

そのときは歩くのに夢中だったんですね。

そのあとはだんだんと色々なことに興味が広がって夢中になることがかわってきたのでだんだん「歩くのヤダ〜つかれる〜」なんていうようになっちゃいました(小学校中学年です)。

歩くの大好きだった小さなころがなつかしい。いっぱいお散歩してくださいね♪

 

ページのトップへ▲